とんかちの沿革について

とんかちメンバー全員、社会に役立つボランティア目指し、日々日曜大工を楽しみながら活動しています。

とんかちの沿革
とんかちの沿革
1997年 日曜大工ボランティアグループ「とんかち」発足 八幡市を拠点に6名の会員で活動開始。
1998年 八幡市立福祉センターがオープン。「とんかち」作業場を同敷地内に設ける。
日曜大工ボランティアグループ「とんかち」の会則と活動目的を制定・発表。
1999年 八幡市主催「第27回八幡市民文化祭」へ初参加。
(八幡市生涯学習課から親子木工教室を開催・運営を委託され、以降 毎年参加。)
2002年 第五(現さくら)小学校工作クラブ開講。 指導を受託。
2005年 日曜大工ボランティアグ ループ「とんかち」をNPO法⼈登録完了。
NPO「とんかち」を創立。発足時会員数11名。
2005年 「とんかち」ホームペー ジを開設。 「とんかち」の活動を紹介。
2006年 正法寺竹林伐採を実施。 放置竹林拡大防止等、里山保全事業の取り組み開始。
2008年 「京都府地域力再生プロジェクト支援事業」 竹林整備 第⼀回開始。
2013年 とんかち活動拠点を現在の京都府八幡市八幡東浦5へ移し、新拠点での活動を開始

<< 前のページに戻る